訪問看護師って?

MENU

訪問看護師って?

訪問看護師というのは、訪問看護ステーションから、病気や障害を持つ人が住む地域や家庭に行き、看護ケアを提供し、自立援助を促す役割を担う看護師を指します。訪問看護師は、利用者の家庭を訪問し、病状や療養生活を専門家の目でしっかり見守っていかなくてはなりません。

 

24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるよう支援していく仕事です。

 

訪問看護師の仕事は多岐に渡ります。在宅療養を行っている高齢者宅に訪問して看護を行うのですが、実際に携わる仕事は、血圧や体温、脈拍などを測定して高齢者の状態を観察し、身体の清拭を行います。そして、床ずれの防止や手当てや入浴、排泄の介助まで行います。

 

また、医療器具の管理も行い、リハビリ指導もしなければなりません。他にも日常生活のアドバイスや指導も行います。基本的に、かかりつけの医師の指示の下、これらの活動を行っていきます。

 

訪問看護師は、常に温かく患者や家族を見守っていかなくてはならないので、コミュニケーション能力が求められます。普段の会話から、患者の不安や状態を汲み取る能力が問われ、同時に医師へしっかりフィードバックしていかなくてはなりません。